スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

気仙沼の近況


写真は物資配送先の愛耕幼稚園のみなさん

気仙沼は今日SoftBank携帯がインターネット含めて使えるようになりました。
携帯一つ使えないだけで、こんなにも不便なモノかと実感。

なかなかブログ更新出来なくて申し訳ありませんでした。
これからは復興していく気仙沼を時間を図りながらバリバリUPします。
先づ、町中では一部ではあるものの信号に電気が通り始めました。
コレだけでも素晴らしい一歩です。
ライフラインは、被災を逃れられた山側の地域を始めとし徐々に回復してきています。
しかし、ダメージの大きな沿岸部では(鹿折地区など)ライフラインがゼロ地帯もまだまだあります。

自衛隊や各企業の日々の活躍により道路も通れる様になり、更に東北道の再開も手伝って気仙沼も救援物資が届きやすくなり少しずつ回復しつつあります。
また、今日はガソリンもあまり列ばなくても給油出来るようでした(昨日は5時起きでも2時間待ち)。
だから日中は市役所に続く道はガソリンを入れた車で溢れ返り数キロの渋滞を起こしていました。
通常であれば、こんな渋滞は年に一度の祭りの時しか見れません。

市内の総合病院では、
「まだ正常化してはいないものの少しずつ着実に復興していると思います」
と、粋な皆様を含めピースジャム活動を応援する粋な医師より忙しい中メッセージを預かりました。

市内の食料の買い物に関しては
嬉しい事に数件のスーパーが簡易的ではあるものの開店し始めました。
また、市販薬局店ではミルクやオムツも陳列され始めました。
嬉しい事が沢山増えてきました。

でも光が灯ると影が映えます。

失うものの多かった被災者達はそれらに列べません。

また、水道水が出る地域と土手の湧き水を汲む地域と様々です。

毎日お風呂に入れる赤ちゃんと足洗いと同じ湯で体を洗う赤ちゃんと様々です。

今日、家を失い赤ちゃん以外の家族を失った母親と電話で連絡が夜にとれました。
赤ちゃんは生後一ヶ月です。
何が必要か尋ねました。
その母親は
「出来たらオムツが10枚程欲しい。贅沢言うなら毛布も一枚欲しい」
そう言いました。

自然の力は畏ろしく強大だった。
でも、ここから先は人の力でどうにか出来る。
だから
絶対に助けてやる。

負けさせねーよ俺は。

俺の知っている気仙沼人は強いんだ。

どんなに打たれてもバカみたいに立ち上がる。

町も着実に復興している。
徐々にだが加速度的に。

こんなにも最悪な震災でも絶対に負けない。

誰が何と言おうと絶対に負けない。

絶対だ。



そう思ったんです。
今日。

*トップの写真は皆さんの気持ちを受け取った在宅赤ちゃん含む園児の写真でした。
スポンサーサイト

2011/04/05 02:44 | DiaryCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  

コメント

もうほんとうに頭がさがる思いです。がんばって、でも体に気をつけて。

No:142 2011/03/30 03:54 | nanashi #DqJ4H8yA URL [ 編集 ]

subject

その昔、ライインホールド・ニーバーという牧師さんが
説教の中で残した言葉です。
日本では、静かなる祈りという言葉で知られています。

「神よ
変えられるものを変える勇気と
帰られないものを受け入れる静けさと
その両者を見極める英知を我にお与え下さい」

変えられないものもある。
でも、変えられるものも確かにある。

だから、諦めない。

No:152 2011/03/30 22:29 | ミサコ #- URL [ 編集 ]

追記

子ども達の顔が見られて嬉しいです。
UPありがとうございます。

No:153 2011/03/30 22:30 | ミサコ #- URL [ 編集 ]

頑張って下さい!

私も気仙沼市に住んでいます。今日知り合いにやっと通じました。
皆無事とのことで涙が出ました。
ブログを見て泣きそうになりました。

皆の為に有難う、と言うことしかできませんが、頑張って下さい!応援してます!

No:155 2011/03/30 22:39 | ムク #- URL [ 編集 ]

Re: 頑張って下さい!

> 私も気仙沼市に住んでいます。今日知り合いにやっと通じました。
> 皆無事とのことで涙が出ました。
> ブログを見て泣きそうになりました。
>
> 皆の為に有難う、と言うことしかできませんが、頑張って下さい!応援してます!

>>ムク様。
皆さんご無事でなによりです。

あの日は地獄より酷でした。

生きているのが不思議なほど。

お互い頑張りましょう!

No:160 2011/03/31 00:22 | Jamy #- URL [ 編集 ]

Re: subject

> その昔、ライインホールド・ニーバーという牧師さんが
> 説教の中で残した言葉です。
> 日本では、静かなる祈りという言葉で知られています。
>
> 「神よ
> 変えられるものを変える勇気と
> 帰られないものを受け入れる静けさと
> その両者を見極める英知を我にお与え下さい」
>
> 変えられないものもある。
> でも、変えられるものも確かにある。
>
> だから、諦めない。

>>ミサコ様。

気合が充電できました。

充電完了です。

写真はちょくちょく撮っていたので小出しにUPしますね。

No:161 2011/03/31 00:30 | Jamy #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。