スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

LAGAVULIN1996


LAGAVULIN1996
Bottled2010
alc43%
ドイツから帰国したお客さんからオミヤをお裾分け。
偶然居合わせたラッキーなお客さんと一緒にフガフガ言いながらいただきました。

裏ラベルがジャーマンだね。
なんかカッコいい笑。
そしてリッターボトルだから貫禄ありますね。

コルクを抜いてすぐフレッシュなピート臭。続いて軽いシェリー香。
柑橘の甘み。
ほろ苦さはオレンジの皮に近い。
アフターに塩気さり気なく、
全体は柔らかく、オールド特有の香木臭が出来始めてきている。

雑味や複雑さも無く非常にシンプルにまとめてあります。

新鮮なトップノーズの印象とボディの熟成感に良い意味でのギャップがありました。

最近はストレングスを飲む機会が多かったからか、こんな感じのノート。

ごっちゃんでした^^
スポンサーサイト

2011/03/05 02:29 | Rude jamCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。