スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

Black Magic Woman

サンタナ
ロックギタリストのカルロス・サンタナが、コンサートのステージ上でプロポーズしていたみたいなんだ。
シカゴ郊外のコンサート会場で。ライブ中に。
 
お相手のサンタナバンドのドラマー 《シンディ・ブラックマン》
シンディ
ドラムソロを終えたシンディにサンタナがプロポーズするとオーディエンスは総立ちのスタンディングオベーションで祝ったようです。
おめでとうございます。
式には呼んでください

ぜひ

僕的にシンディはレニークラヴィッツバンドでのイメージが結構強いです。
ジャズ島出身のロック畑育ちのドラマー的な。いい意味でじゃじゃ馬。
線は細いがキレがありタイト、それはまるでラングプールで素早く丁寧に作ったマティーニのようだ。
(オレ きもっ)

「シンディとわたしはお互いを見つけられたことに感謝している」云々と言うサンタナ。
いつ結婚するかは未定らしい。

67歳でギターリストを引退し、ハワイで牧師をやりたいとも語っていたサンタナ。
その教会でウェディングなんてのも乙ですね。
スポンサーサイト

2010/07/15 17:52 | MusicCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。