スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

Hot water of the 鶴

3
雪の壁 粉砂糖を振った如きツリー達 空も地面も真っ白
辺りの木々が世界の輪郭さ

冬×モノトーン=風情


行ってきたよ
日本が誇る秋田の秘湯 『鶴の湯』

車を降りて雪とコレが目に入る
2
今度上映の映画『IRIS』のロケ地になってたみたい
イ ビョンホン嬉しそうだね

そんなことより

ここ好きで何度か訪れているんだけど
いつも神聖に時計の音を忘れさせてくれる
秒単位で
あるのは雪の音だけ

湯もGood コレ混浴ね
3

様々な湯があるんだけど内湯の一つの「黒湯」に入ったらさ

なんかね ありえないくらい熱い

多分50度ぐらいある

足の親指ぐらいしか入れらんない笑

どうやって入るか悩んでると 2人男性が入ってきた

何も言わずただ見ていたら 1人がいきなり腰の深さまでいった

なんかね ロケットみたいに飛び出してきた

熱湯コマーシャルみたいでさ

俺「わはは 熱くて入れないよね」

男「這個溫泉太熱皮膚溶化!混蛋!」(笑)

なに!!!???

チャイニーズだった

たぶん「俺も君もすこぶる熱いよね こんなん皮膚溶けちゃうよね」
みたいなこと言ってたんだと思う
この湯は諦めた

この熱湯は「水で薄める」という技術を使えば入れたらしい

うん なるほどだよね




こんどはなつやすみにいこうとおもいました
1ねん2くみ さとうけん
スポンサーサイト

2010/02/17 20:06 | DiaryCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。