スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

The father's injury

???
親父《image》

親父から着信が入っていた
もう1時間は過ぎている なんだろ? 

かけなおす

オレ「もしもし オレだけど」

父「うん どうしたの?」

オレ「え? 電話くれたよね?」

父「うん そうだよ」

オレ「・・・なんだそりゃ。どうしたの?」

父「山で山菜採ってたら転んじゃってね。頭を強打したら血がベッタリさ」

オレ「え?血?ベッタリ?大丈夫なの?病院は?」

父「最初は気付かないで山菜採りやってたんだけど帰りの車の中で気付いてね 血がベッタリでね」

オレ「うん。ベッタリは分かった」
親父
親父 怪我《image》


父「血が出てるの知らないでコンビニ入っちゃってね。恥ずかしいですね。周りの人どう思ったかな?」

オレ「ハロウィンには早いから普通に怪我人に見えたかと。恥ずかしいというかむしろ恐いよね。病院は?」

父「行って縫ってもらったから大丈夫だよ。なんか痛かった」

オレ「そうですか・・・お大事に休んでください」


昔は関白な親父も今や天然気味な77歳。無茶だけはやめてほしいもんだ。

そういや 母も天然気味

10年ほど前、母親が気を利かしてオレにタバコ買ってきてくれた時のセリフ

母「タバコ買ってきてあげたよ マルボルのメンソーレ」

オレ「・・・ありがとう そしてメンソーレ!」

世界にメンソーレ!と叫びたい
スポンサーサイト

2010/05/20 01:37 | DiaryCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。